初回融資額は小さくても増額によって大きな金額が借りられる

カードローンの契約は銀行でも消費者金融でも、初回では限度額が抑えられがちです。いきなり300万円や500万円などのまとまった金額が借りられることは多くなく、大体は数十万円から多くても100万円、200万円程度となります。

 

消費者金融の場合にはその傾向が特に強く、大手のプロミスやモビットなどの名の知れた消費者金融でも初回の融資額は10万円程度となる場合が多いです。貸し付け条件では限度額は最大で500万円や800万円となっていますが、審査の結果によって決まる限度額は初回では少額となりがちなのです。

 

ただ、いつまでも少額での借り入れとなるわけではありません。契約後の利用状況が良ければ限度額が増額される場合があり、増額がされれば増えた分だけ多く借りられるようになります。初回は10万円の限度額だった方が50万円や100万円となるケースもあり、限度額が上がることによって金利も下がるためにより良い借り入れが行えるようになります。

 

基本的に限度額の増額は初回契約から半年程度の利用実績が必要となり、半年間の正常な返済履歴や他社での借り入れが増えていないなどの条件を満たすと、増額申請が可能となります。増額のためには別途審査に通る必要があるために必ずしも増額が約束されるわけではありませんが、申請が行えるようであれば好条件での借り入れのためにも増額の手続きを進めてみるのが良いでしょう。

 

最大限度額が大きなモビットにおいても、契約後半年程度の経過でモビットの限度額増額も可能となるので、正常な返済が行えている方は検討をしてみるべきです。